ムラソイ例会

facebooktwittergoogle_plus

年に一度、ミノー縛りのムラソイ釣り例会を開催している。

勝負は、10尾の早掛け。

いかに早く、だれが早く、ムラソイ10尾を釣り上げるかの勝負をすることになっているのである。

とはいえそこは気心知れたクラブメンバー内でのこと。勝負と言いつつ、和気あいあいと、のんびりのんびり……。

当初予定していた釣り場は、初島。

ところが今朝は強めの北西風が吹いていたため、熟考の末、初島を断念し、風陰となる網代のゴロタ場を釣り場とすることにした。

午前8時にスタートフィッシング。

すぐに小型が釣れ、上々の滑り出し。

P6141489

近くで釣っていたメンバーたちも、小型主体に数を稼いでいる。

P6141498

もちろん、釣っては逃がし、逃がしては釣るの繰り返し。

P6141502

結局、1時間弱で10尾を達成し、いち早く終了することが出来た。

ラストの1尾は、悠々25センチオーバーの良型。

P6141515

本日メインで使用したルアーは、『ドクターミノー』5センチのFS(ファーストシンキング)。↓

P6141507

P6141520

上のルアーがそれで、下のルアーは、今は亡きルアー(ショアラインシャイナーシリーズの小型シンキングモデル)。

昨年は下のルアーで爆発的に釣れたため、今年はそれとよく似た上の

ルアーを使ってみたのだが、それが正解。実によく釣れ、短時間に数を稼ぐことが出来た。

タックルは、『月下美人』ロッドに、

P6141526

 

リールは、『セルテート』。

P6141522普段使用しているPEラインの上に、3~5メートルだけナイロン2号を巻いて使用している。

この時期限定の楽しい楽しいミノームラソイ。

こうしてゴロタ場でムラソイが釣れると、なぜかホッとする。

 

 

 

「ムラソイ例会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。