古いルアー

facebooktwittergoogle_plus

古くから付き合いのある釣友から、30年以上前にぼくが作ったルアーが送られてきた。

「部屋を片付けていたら、懐かしいルアーが出てきたから、小田原ベースに置いといてください」とのこと。

当時は、オリジナルルアーの製作が流行っていた。

細身のタイプは、狩野川の上流用。

P2130432

13センチのフローティングミノーは、芦ノ湖のブラウン用としても重宝だった。

そして、当時必死に取り組んでいたヒラスズキ釣り用として作ったのが、太身のフローティングミノー。

P2130430

こんなルアーたちを見ると、往時の記憶が一瞬にして蘇る。

毎夜毎夜、クラブの仲間たちと湘南~伊豆半島界隈を釣り歩いたものである。

昨夜も、同じ時代を過ごした仲間たち4人と、楽しい酒席を満喫した。

「常に前進」をモットーにしているつもりだが、時に歩みを止め、過去に想いを馳せるのも心地よい。

そしてまた、前進の活力が生まれてくるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。