ツイッター10歳

facebooktwittergoogle_plus

昨日はあちこちのメディアが、「ツイッター」の10周年を扱っていた。

DSC_1391

遅ればせながらぼくも、今年1月下旬よりツイッターを始め、身近なことや思いついたことを気軽につぶやいている。

使い始めてようやく、メリットとデメリットに気付き始めた。もちろん、まだまだSNS初心者の域を脱してはいない。

メディアの中に身を置く者として、常々、進むべき道をあれこれ模索しているのだが、時代の進む速度は存外に早い。

取りあえず挑んでみるべきことと、慎重に見極めてから挑むべきことの区別をしっかり付けておかなければならぬだろう、というのが現時点でのぼくのおもい。

挑むべき山が高ければ高いほど、周到に準備を進めなければならないと考えているのだ。

ツイッター10周年の記事を眺めつつ、さて次の一歩をどう踏み出すべきか、と、愉しみつつおもいを巡らせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。