クダコのブリジギング

facebooktwittergoogle_plus

広島で「フィード」というルアーショップを経営する堀江勇二

さんに誘われて、久しぶりにクダコのブリジギングに行ってきた。堀江さんとはもう、15年以上の付き合いになる。

今回は、10キロクラスのブリを相手に、止めっきりファイトがどこまで通用するものなのか、試してみるのが目的だった。

始めは、安全を期してPE5号にフロロカーボン80lbテストリーダーを使用。5キロクラスではあったが、楽々キャッチできる。

pa110867

そこで、3号にフロロカーボン60lbテストリーダーに変更。

リールは、『ソルティガ4000』。ロッドは、『ソルティガMS』。

pa110871

最後にヒットした7キロクラスも問題なくキャッチすることができた。

pa110889

2日目も潮が効き出すとバタバタとヒット。

この日は終始、3号で通した。

一度、ダブルクリンチで雑に結んだノットが切れてしまったものの、それ以外は問題なし。

pa120932

ブリ相手の止めっきりファイトは、成功であった。

pa120893

使用したメタルジグは、270~300グラム。水深は40~70メートル程度だが、潮の流れが極めて速いため、平均300グラムのメタルジグが必要になる。

今回の釣行での最大サイズは、堀江さんの釣りあげた、9.8キログラム。

pa120907

pa120925

他にも、7~9キロサイズは数多く上がった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。