上り調子か

facebooktwittergoogle_plus

茅ケ崎沖で51センチのアマダイを釣り上げてから、どうやら釣りの調子が上向いているように感じられる。いわゆる、上り調子。嬉しいことだ。

冷え込んで雪が降った木曜日に伊豆半島へ向けてノコノコ出掛け、金曜日に雲見の「佐市丸」で沖磯へ渡った。『磯投げ情報』誌の中で連載中の『波間の自由時間』の実釣取材のためである。

pb250059

詳細は12月25日発売号をご覧いただくとして、カワハギ、アカハタ、メイチダイ、ブダイ等々、実に多くの魚がキャスティズムに応えてくれた。

pb250112

キャスティズムのメインターゲットの一つ、カワハギ。

pb250073

そして今回は、メイチダイがよく釣れた。後に船頭さんに伺ってみると、メイチダイはかなり魚影が濃いらしい。

そして翌日は、銀座のギャラリーボヤージュで開催中(23~29日)の浜中せつお画伯の個展を観に行ってきた。

20161126%e6%b5%9c%e4%b8%ad%e3%81%95%e3%82%93%e5%80%8b%e5%b1%95%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3

浜中さんは古くからの釣り仲間であり、本づくりの仲間でもある。

以前、セイカイコレクションオリジナルTシャツを作った際には、GTやキハダの絵を描いていただいた。

20161126%e6%b5%9c%e4%b8%ad%e3%81%95%e3%82%93%e5%80%8b%e5%b1%95

絵を見せていただいたあとは、有楽町の某居酒屋で祝杯をあげ、電車で帰宅。

翌日(日曜日)は、茅ケ崎港の「一俊丸」で開催されたカワハギ釣り大会に参加。

3尾の合計長寸で競うルールで、何とか大型を、と願っていると、開始早々、21センチ、26センチ、29センチと立て続けに良型を釣り上げることに成功。

dsc_0521

結局最後は、前回の優勝者に逆転され2位に沈んだものの、上り調子であることは間違いないようだ。

このまま、年末にかけて好調を維持してゆきたいものである。

「上り調子か」への1件のフィードバック

  1. こんばんは。
    気温もここのところいい感じで下がっていますね~

    一俊での準優勝おめでとうございます!

    先日のDAIWA新米杯でも、メイチダイがゲストで釣れていましたね。
    小型ながら良い引きしていました。
    しかし完全なる外道ですが……

    カワハギも場所、潮により良型がコンスタントに出始めているようですので、忘年カワハギ辺りには更に面白くなりそうですね~

    お疲れ様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。