喪中はがき

facebooktwittergoogle_plus

昨日と今日、2日間に渡り喪中はがき書きをしている。

9月に義父が亡くなったため、新年のご挨拶を遠慮させていただく旨のお知らせである。

パソコンに入力してある住所録を使って、サラサラッッと印刷してしまおうとも考えたが、あえて手書きでいくことにした。

最近はパソコンに頼りすぎて、文字を書く機会が減っているため、文字書きのリハビリをかねてのことだ。

書かねばならない原稿もあるし、進めなければならない企画もある。

のんびり手書きで喪中はがきを書いている場合ではない、と関係各所からお叱りを受けそうだが、ここはひとつ、悠々と急ぐ道を選びたい。

さて今年も、残すところ1か月と2日。

スケジュール調節がパズルのようになってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。