真鶴半島でアカハタ

facebooktwittergoogle_plus

北東の風。午後から降雨。

予報は悪かったがスケジュールの都合もあり、キャスティズムタックルを携え、真鶴半島へ出掛けた。

目指した釣り場は風が強く、渋々断念。

風裏となるメジャー磯から投げてみることにした。

1投目から釣れてくるのは、ベラ、ベラ、ベラ……。とにかく仕掛けが着底するやいなや、ブルルルッとくる。

ところが、干潮時刻を30分ほど過ぎたころから状況がガラリと変わった。いわゆる”あげっぱな”。

今度は、アカハタの連続ヒット。

海の釣りは時合が何より大切、ってことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。