キャスティズムにおけるリーダーの長さ

facebooktwittergoogle_plus

ご質問いただきました、キャスティズムの際のリーダーの長さについてお答えします。

大前提として、キスの投げ釣りのように遠投をするのか、はたまた磯カワハギや磯ブッコミのようにそれほど遠投をしないのかによって変えています。

砂浜から遠投(100m以上)をするのであれば、リーダーというより力糸となるので、市販のテーパーの付いた力糸を利用するのがよいでしょう。

磯から、100m程度投げるのであれば、テーパーラインは必要ありません。ぼくがカワハギ釣りをしたり、磯ブッコミをする場合は、PE1.5号の道糸に対し、リーダーはフロロカーボン8号程度、またはナイロン12号あたりをPRノットのような摩擦系ノットで5~8m程度つないでいます。

この場合は、投げるときのためではなく、道糸の強さを100%引き出すためのショックリーダーとしての使用です。

お分かりいただけたでしょうか。

キャスティズムは、本当に可能性の多い釣りのスタイルだと思います。皆さんも、いろいろな釣りにチャレンジしてみてください。

「キャスティズムにおけるリーダーの長さ」への1件のフィードバック

  1. 村越様、ありがとうございます!

    私は、pe1.5号に対しフロロの8号をリーダーとして結んでいたのですが、長さを力糸と同じ程度巻いていたので些か長すぎたようですね。

    おまけに、投げと同じV字の投げ方でキャストしたものですから、思い切りたか切れしてしまいました。

    これで一つ、悩みが解消されそうです。
    ありがとうございました。

    それにしても、コンセプトとしても竿そのもののとしても、キャスティズムは良い製品ですね。

    釣りが更に楽しくなりましたよ♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。