プライヤー出動準備完了

facebooktwittergoogle_plus

「正海チャンネル」(YouTube)にて紹介させていただいたプライヤーの錆び落とし~メッキ加工で、10本ほどのプラーヤーを再生することが出来た。

詳しくは、動画を参照していただくとして、ここでは、使用前使用後の変化を写真でご覧いただこうとおもう。

まずは、錆びてしまったプライヤーがコレ↓

 

このプライヤーの錆びを落とし、メッキ(自宅でできる簡単メッキ)をかけてみたら見違えるようになった↓

 

グリップは、元々付いていたものに熱収縮チューブを被せてみたり、液体ラバーで塗装してみたりしてみた。他にも、グリップテープをグルグル巻いてみたりする方法もある↓

ともあれこれで、使用予定のなかったプラーヤーたちが生き返った。

ちょっとした作業によって、使えなくなってしまったものが使えるようになったのだから随分得をした気分になるが、実は、それ以上の満足感が、DIYをすることによって得られる。

壊れていたものの修理や、古くなったもののリニューアルは、費用対効果としては決して高くないのだろうが、作業によって得られる充実感は計り知れない。

釣りも人生も、無駄が多ければ多いほど楽しいし、贅沢なのだろうとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。