東京湾のシーバスジギング

facebooktwittergoogle_plus

昨夜松山から帰ってきて、今日は深川の吉野屋さんへ行ってきました。
松山のメバルはなぜか渋々で、大苦戦!
しかーし、さすがは松山。さすがは中島。土佐カブラの5本バリ仕掛けに、小型ながらメバルが5尾! ヨッシャー、ってことでスミイカもゲット! まずまずって感じ。この様子は、ダイワ精工のホームページ上にある、「キャスティズム」のコーナーにアップされる予定です。
その松山遠征中に、咳、鼻水、熱、と完全なる風邪ひき状態に陥った。薬を飲みまくったり、ドリンク薬をあおったりとの努力も空しく、帰る日には高熱状態。
翌日のシーバス船が心配だったが、夜、ぐっすり眠るとかなり回復していてちょっぴり安心。
早朝の高速道路を吹っ飛ばして、深川の吉野屋さんへ向かう。今日の目的は自分の釣りではなく、船上講習会。東京湾遊漁船業協同組合主催の初心者釣り教室なのである。こういうイベントってもっともっとたくさんあったほうがいいですよね。
初心者がいきなり船に乗るのって、結構ハードルが高いですから。こういう講習会をきっかけとして、釣り船の乗り方を覚えてもらうのは、船宿さんにとってもプラスになるハズ。釣り人にも船宿にもメリットの多い講習会なら、ぼくだって喜んで参加させてもらいます。
この日は、幸い、快晴無風。型のよいシーバスもたくさん釣れて、めでたしめでたし。
参加者全員がシーバスを釣り、参加者はもちろん、船頭さん(吉野五郎さん)もぼくも、喜びいっぱい。楽しい1日を過ごさせていただきました。
風邪は……、潮風に吹かれているうちに直ったみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。