ショアジギは不発

facebooktwittergoogle_plus

朝から真鶴半島の地磯へ向かい、青物狙いでショアジギングをしてみました。

狙うは、シイラとワラサ。大型狙いの本気モード。

持参したたタックルは、

CIMG1735

 

ロッドがショアジギ専用、『SJ106MH』。

CIMG1736

 

リールが、『ソルティガ4000H』。ラインはPE3号×300メートル。ショックリーダーは、フロロカーボン60lbテスト。

CIMG1738

 

ルアーは、このところ素晴らしい釣果が続いている、『ムラムラ小POP』と『縮尺1/2PEN』。

ところが、今日の海は緑色に濁っていて、青物の気配はゼロ。

2時間ほど様子を伺ってみたが、日差しが強くなってきたところでジ・エンド。30分もあれば行きつける、ホームグラウンドでの釣りは、気配がなければさっさと引き揚げるのが正解。

近いうちにまた、出掛けてみることにします。

帰り道で見つけたセミの抜け殻。

CIMG1741

 

自然の中を歩くのは、色いろなものが見れて実に楽しい。

「ショアジギは不発」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。