箱根のバス池

facebooktwittergoogle_plus

 箱根のバス釣りと言えば、だれもが想像するのは芦ノ湖。


 バスの魚影濃く、ロケーションよく、暑さ知らず、湿気知らずと、それはもう最高の釣り場と言ってよいのではないだろうか。


 家から芦ノ湖までは25分。


 春はトラウト、夏はバス、秋はトラウト&バス&ワカサギってな感じで、事あるごとに芦ノ湖へ出掛けています。


 ところで、バス釣りをしていると、あちこちの池が気になります。


 ちょっとした小さな池や、思わぬところに見つけた池、まあ、そんなところでバスを探すというのも楽しいってことですね。


 さて、↓この池は、芦ノ湖より標高の高いところにあります。


 


 水位の高い今は、湖畔を歩きまわることはできません。


 冬になると減水し、半分ほどを歩いて回ることができますが、全面結氷することもしばしば。


 


 釣りには、釣果だけでなく、色々な楽しみがあるってことです。


 自然の中で遊び、自然の中で学ぶのは素晴らしい。


 いつまでも、本物の自然から学び続けたいものです。


 


* 現在、バスが健在であるかどうかは分かりませんが、昨日の夕方、突然写真の池が気になって行ってきました。


  家を出た時の小田原の気温が31℃で、現地に着いた時の気温が25℃。


 帰る際の現地の気温が20℃で、小田原に戻ってきたときの気温が29℃。


 箱根の朝夕は、気温がだいぶ下がってきたようです。


 釣果は、ブルーギル1尾のみでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。