昨夜のアオリイカ

facebooktwittergoogle_plus

 前夜の苦戦から得たヒントを検証すべく、またまたエギングに出掛けた。

 一昨日はカメラマンと一緒、昨夜は状況次第でカメラマンに合流してもらう、という段取りであった。

 結果的に言うと、カメラマンの要請はナシ。

 

 思うところに想定した状況がなく、よって答えを導き出すまでには至らなかったためだ。

 

 ただし、別方向からの想定に従って磯へ回ってみると、こちらはイージーにアオリイカが乗ってきた。

 サイズは、1キログラムちょっと。

 今週に入ってから、西湘サーフ周辺のベイトフィッシュを見失っている。

 逆にいえば、ベイトフィッシュのいる所を見つけだせば、アオリイカもシーバスもいるハズ。

 もちろん、デカメバルもそうなのだが、こちらはだいぶ海藻が生えてきたので、海藻周りなら安パイ。

 海藻周りにはいつでも小魚やエビなどが居ついているからだ。

 

 刻々と変わる自然環境をどうとらえ、どう付き合うか。

 数日前の状況が今日は当てはまらないというのが現実。

 

 自然は本当に奥が深い。

 

 開高健がしばしば使っていた「無辺際(むへんざい)」という言葉がまたまた脳裏をよぎる。

 

 自然のほんの端っこで遊ばせてもらっていることに、ただただ感謝!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。