磯竿使用の船タチウオ釣りが面白い

facebooktwittergoogle_plus

東京湾に仕立て船で出船した昨日、磯竿にテンビン仕掛けをぶら下げ、ゆったりとしたタチウオ釣りを楽しんできた。

毎年夏タチは、釣り場の水深が20メートル以浅でタナは10メートルから水面、というケースが多い。

ならば、浅場だからこそできる釣りを楽しもうというのがぼくの釣りスタイルなのだ。

時にはのべ竿(6・1メートル)で挑むこともあるが、昨日は、5・3メートルのクロダイ竿を使用した。

P7120617

『LTテンビン』Sサイズ(セイカイコレクション)に15号オモリをぶら下げ、6号ハリス1・5メートルで挑む。

ゆっくり誘い上げてくると、ゴツンとアタリ。

その場で上下にゆすり続けていると、ガッ、ガッ、ガッと竿先が絞り込まれる。

竿が柔らかく合わせが効きづらいので、合わせはリールのハンドルを一気に回す、巻き合わせ。

P7120618

数釣りには向かないものの、釣趣は抜群。

P7120633

もちろん、仕立て船だからこその釣りではある。

「磯竿使用の船タチウオ釣りが面白い」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。