「第8回ドルフィンバトルin小田原」

facebooktwittergoogle_plus

 7月31日に開催する「第8回ドルフィンバトルin小田原」の開催告知が済まぬうちに、早、募集定員に達してしまい、結局、本ブログにて開催要項を伝えることができなかった。

 ちなみに、開催告知は各船宿と釣具店にて行い、3日ほどで定員数の申し込みをいただいた。

 本大会の開催を心待ちにしていてくれた皆さんへは、心より感謝させていただきたい。

 世は相変わらず、節約、自粛、モードから抜け出せないでいる。心配していた通り、折からの不景気に拍車が掛ってしまっているような気もする。

 そんな空気が吹っ飛ばせるか、と開催を決定したのだが、予想外の反響に、ただただ嬉しさが募るばかりだ。微力ながら、まだまだやれることはあるんだなぁ、と実感もした。

 というわけで、関係各位への連絡、ご挨拶も済まないうちに、募集締め切り、という告知をしなければならなくなってしまった。順番が逆だ! とのお叱りを受けるかもしれないが、ご理解の上お許しいただきたい。

 

 ところで……、

 今日の午前中は、地元の酒匂海岸にて、ダイワの試投会~すなわち、投げ釣り用の竿、リールをずらりと並べ、実際にオモリを付けて、気になる竿を思い切り振ってみるという会がダイワ主催で開催された。

 地元在住のダイワテスターとして現場に詰めていたのだが、色々な投げ釣り師たちとお会いでき、色々な話ができたのは貴重だった。

 こんな会が、投げ釣りだけでなく、バスやシーバスや何やらかにやら、あらゆる釣り種でもあればよいのになぁとつくづく思った次第である。

 大きなメーカーとはいえ、

 地道な努力って必要なんだよね。

 努力に無駄なことなんてひとつもないんだよね。

 今日の会で、自分に合った竿を見つけた人がきっといるハズ。

 ぼく自身も、気になる竿があった。

 『プロキャスター35号ー405』

 

 この竿に30号オモリをセットしてのフルキャストは、爽快そのもの。

 投げ釣りがさらに楽しくなりそうな気がする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。